最も危険なハチの対策

蜂

最も小型ながら非常に凶暴な性質を持つキイロスズメバチは、大集団を構成して最も大きな巣を作ります。巣に近づいただけで攻撃するキイロスズメバチの駆除と巣の撤去には大きな危険が避けられません。ある日突然軒下に巨大な巣が出現したらキイロスズメバチの可能性が高いので、害虫駆除業者に撤去してもらうのが安全です。

もっと詳しく

粘着シートの効果と注意点

鼠

ネズミ駆除用の粘着シートは、エサを大量に置くよりも、ネズミの通り道に隙間なく設置して回り道させないことが大切です。プロの駆除業者は設置する場所を熟知しており、捕獲したネズミの処分も依頼できるので便利です。

もっと詳しく

執着心の強い鳥を追い払う

ハト

都市部の高層マンションを中心に問題となっている鳩の糞害対策は、素人が自分で実施しても効果を得られないことは少なくありません。プロの知識と技術を持つ駆除業者は、非常に執着心の強い鳩を効果的に撃退しています。防鳥ネットを設置する場合でも、鳩が侵入しないよう隙間を開けずに作業を徹底させているのです。

もっと詳しく

ハクビシンの駆除

ハクビシン

ペットして飼われていたものが野生で繁殖してしまうケースは多々ありますが、ハクビシンもそのうちの1つになります。現在の日本では、ハクビシンのような人間に被害を与える外来生物は、駆除の対象になっていることが多いのです。地方に住んでいる人の中には、動物を捕獲できる罠を持っている人もいるので、自分で捕まえることができます。しかし、ハクビシンのように外来生物に指定されている動物でも、許可無しに捕獲・殺処分するのは禁止されているのです。日本には鳥獣保護法という法律があって、動物を捕獲するには国から与えられる狩猟免許というものが必要になります。なので、もしハクビシン駆除を依頼するのであれば、自分の住んでいる自治体や専門のハクビシン駆除業者にお願いすることになるのです。

家の床下や天井裏にハクビシンがいたら、糞や尿で家屋が傷んでしまうことがあるので、早めに駆除する必要があります。薬剤を使って自力で追い出すこともできますが、やはりハクビシン駆除を専門に行なっている駆除業者にお願いするのが得策です。ハクビシン駆除の業者は、ハクビシンの生態や駆除方法に詳しいので、高い確率でハクビシンを捕獲、または追い出してくれます。自分でやる場合は、時間や手間がかかることも多く、家を傷めたりさらに奥へ逃げ込まれたりするケースもあるのです。駆除経験が豊富な業者の人は、侵入しやすい場所を簡単に見つけ出して塞いでくれます。また、駆除するだけではなく、ハクビシンが近づかないための工夫や的確なアドバイスをもらえることもあるのです。